ケイド・イェーガーと オートボットたちの付き合いが浅すぎるので、オプティマスやバンブルビーとの味わいのある会話場面も少なめで、どちらかというと戦闘メインのシリアスなア クション映画になっている。

娘のテッサを溺愛する父親のケイドが主人公なのだが、テッサと付き合っているレーサーのシェーンを初めはライバル視しながらも、次第にその人間性や誠実さ・勇気を認めていき、ケイドとシェーンが協力して困難に立ち向かうという設定になっている。 最後の決戦となる戦闘場面では、オートボット狩りで仲間の多くが解体されてしまい、頭数が圧倒的に不足してしまったオプティマス・プライムらの 闇金相談 埼玉『オートボット軍』は、野生のジャングルに静かに棲息しているダイナボットという恐竜型の高い戦闘力を持つ機械生命体を仲間に引き入れる。 エピローグでは、オートボットの機械生命体の起源が探求され、オプティマス・プライムは自分たちが自然発生的に誕生した生命ではない驚愕の事実を知る、オートボットは宇宙のどこかにいる『創造者(神)』によってデザインされ組み立てられた存在なのだという。

Comments are closed.

Post Navigation