酒類に含まれるアルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、宿酔に大変有効です。辛い宿酔の因子だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解にも作用しています。
World Health Organizationは、有害なUV-Aの著しい浴び過ぎが皮膚病を起こす可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を強く先進国に提起している最中です。
細菌やウィルスなどの病気をもたらす微生物、すなわち病原体が口から肺へ侵入し発症してしまい、肺全体が炎症を起こしてしまっている事を「肺炎」と診断しています。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に関係する酵素や、細胞・組織の入れ替わりに深く関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する要素となるミネラルだといわれています。
骨を折って酷く出血した状態では、急に血圧が下がって眩暈やふらつき、冷や汗、吐き気、失神などの不快な脳貧血が見られることがよくあります。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特性があるのでオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えることになります。
「いつも時間がない」「気を遣う様々なお付き合いが嫌」「技術やインフォメーションの著しい進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう原因は一人一人異なります。
杉花粉が飛散する時節に、まだ小さなお子さんが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っぱなが止む気配をみせない状態だったなら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いかもしれません。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓の持っている解毒酵素の円滑な生産を促進しているのではないかという因果関係が見えてきました。
過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、仕事などのストレス、老化といった複数の素因が融合すると、インスリン分泌が減ったり、働きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発症すると考えられています。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果によると、体の大きな成人よりも体の小さい子どものほうが拡散した放射能の深刻な影響をよく受けることが読み取れます。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月1日より厚労省が接種を推奨する定期接種になることによって、集団接種ではなく医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルに変更されました。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体内における脂肪が占有する割合であって、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式で弾きだせます。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を有していない人にも使える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に応じて扱うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する緊急処置の効果を発揮してくれます。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を主訴とする病気なのです。

Comments are closed.

Post Navigation