高速道路の無料化とCO2の削減は矛盾するようですが中国が儲かるという意味で繋がります。

まずCO2の削減ですが、人間の体重に置き換えて考えて見て下さい。

%=キロ と仮定します。

森公美子がバナナダイエットで25キロ痩せました。(本当は30キロですが便宜的に変えてます)

25キロは凄い数字です。

この25キロダイエットを 花みち さん でも俺でも構いませんが やったとします。

自分の体重から25キロひいたら 多分、生死の境をさ迷う数値になりますし、その地点に行くまでに体重は減らなくなります。

森公美子は半端なく太っていますので25キロやせるのは簡単ですが、我々が同じ事をやるとキツイわけです。

日本のCO2排出量は元々低いので、25%削減は厳しいわけです。

ダイエットの例えと一緒です。

鳩山総理の発言は こちらの体重を考慮せずに25キロ痩せろと言ったのに等しいわけです。
普通なら ここで 削減は無理となってしまいますがCO2の国際協定には裏道があります。
発展途上国は、これから工業化するためにCO2の排出基準があまかったり、工場がそもそも少なかったりして ノルマが緩かったりします。

なので 余ったノルマを先進国に売ってお金にします。

Comments are closed.

Post Navigation