収縮期血圧140以上の高血圧になってしまうと、全身の血管に強い負担がかかった挙句、身体中のいろんな血管に障害が発生して、合併症を招くパーセンテージが高まります。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の結果、注射の効果を望めるのは、注射したおよそ2週後から150日程度だろうということが明らかになりました。
冠動脈の異常である狭心症の外科処置としては「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」の2つの異なる術式が標準的に活用されています。
何か物を食べる時は、食べたいと感じた物をなんとなく口へ入れて数十回噛んで後は嚥下するだけだが、その後人体は実に健気に活動し続けて異物を人体に取り入れる努力を続ける。
ともすると「ストレス」というのは、「無くさなければいけない」「除去すべき」と思われがちですが、実のところ、ヒトはこうしたストレスを抱えるからこそ、生活し続けることに耐えられるのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の持つ解毒酵素の順調な生産活動を支えているのではないかという可能性が明らかになってきたのです。
鍼灸の鍼を体に刺す、というフィジカルな幾多の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスと呼ばれている電気信号の化学伝達を発生させるという考え方が浸透しています。
気が付くと肘をついた横向きの状態のままでテレビを眺めていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、踵の高い靴を日常的に履くという習慣的なことは身体の均衡を崩してしまう誘因になります。
AEDとは医療資格を保有していない非医療従事者でも取り扱える医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順通りにおこなうことで、心臓が細かく震える心室細動に対する処置の効き目をもたらします。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを抑制し、色々な覚醒などを支配しており、単極性気分障害(うつ病)の患者さんではその働きが鈍化していることが判明しているのだ。
必須栄養を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや運動は当然ですが、ヘルスアップや美容を目的として、食事以外に様々な種類のサプリメントを服用する事が一般的になってきていると言われています。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無効になった後に販売され、新薬に等しい成分で負荷を低くできる(金額の安価な)後発医薬品のことを指します。
ピリドキサールには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路に導入するためにもう一度細分化するのを助長するという動きもあります。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた約1ヶ月後、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わる医薬品もあるほど、ジェネリックは世界で採用されています。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ後追い調査の結果をみると、成人に比べると子供のほうが漏れた放射能の悪影響を受容しやすくなっていることがわかっているのです。

Comments are closed.

Post Navigation