菅内閣官房長官が発言するよりも、日本政府・安倍内閣は河野談話と村山談話等などは踏襲するとしています。
それが検証するから見 直すという方程式にはなりえないのですから、

菅内閣官房長官の発言は全く問題はないですし、当たり前のものだと思います。
そもそも、検証するのはずさんな 作り方によって出来た河野談話の作成過程の検証でしょう。
中身の内容にまでメスを入れる訳ではありません。  
またこの河野談話の内容は「闇金相談 千葉慰安婦の存在を認めて反省とおわびをする」というものです。韓国及び日本国内でも勘違いされているのは腹立たしいが (韓国の場合は都合よく解釈しているというマヌケさがあるかもしれないが)、強制連行がどうのこうのについては大日本帝國軍が関与したとは記載されていま せん。
曖昧な感じがしますが、この河野談話がもたらすものは「慰安婦への反省とおわび」です。それが主たる目的です。  確かに、ずさん極まりない作成である事には納得なんてのは出来ない。

Comments are closed.

Post Navigation