杉花粉症などの症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが主因で慢性的な睡眠不足となり、翌朝起きてからの仕事内容にダメージを与えるかもしれないのです。
エイズとはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全を引き起こして些細な病原体が原因の日和見感染や悪性新生物などを発症する病状そのものの事を称します。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を保持していない人にも利用できる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスが指示してくれる通りにおこなうことで、心室細動に対する絶大な治療効果を与えます。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が主因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂分泌が乱れる主因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れやナイアシンなどビタミンB群の枯渇などが大きいと考えられているのです。
道路事故や高所からの転落事故など、とても大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の地点に骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、加えて内臓が負傷してしまうこともあります。
緊張型頭痛とは仕事や勉強などでの肩こり、首筋のこりによる慢性頭痛で、「締め付けられる強烈な痛さ」「重くてたまらない痛さ」と言われています。
高熱が特徴のインフルエンザに適した予防術や病院での治療など、このような必須の対処策というものは、季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでも同じなのです。
ストレスが蓄積していくシステムや、手軽で有効なストレス対処法など、ストレスに関係している全体的な知識を保持している方は、そんなに多くはありません。
基礎代謝量(kcal)というのは目が覚めている状態で命を保っていく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋緊張の保持等)のに必要な理論上のミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
日本における結核への対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」に準じて推進されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは他の数ある感染症と一緒に「感染症新法」に基づいて実行されることに決まったのです。
脚気の症状としては、四肢がマヒしたり脚の浮腫などが目立ち、発症から時間が経ってしまうと、最悪の事態では心不全を起こす可能性があるそうです。
世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波の浴び過ぎが皮ふ疾患を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の若者が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を強く勧めている最中です。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉や檜、蓬などの様々な植物の花粉が元凶となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などのアレルギーを示す病気なのです。
男性にしかない前立腺は活動や成長にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密に関連しており、前立腺に出現したがんも同様に、雄性ホルモンの働きによって肥大化します。
気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、強い倦怠感、食欲の低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の深刻な症状が見られるのです。

Comments are closed.

Post Navigation