ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚が痺れるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどが象徴的で、症状が進んでしまうと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全なども連れてくる可能性があるのです。
スギ花粉症などの症状(水っぱな、鼻づまり、クシャミ等)のために夜よく眠れないと、それが主因で睡眠不足の状態に陥り、次の日起床してからの業務の遂行に悪いダメージを及ぼすこともあるのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている化学物質が、肝臓が持っている解毒酵素の円滑な創造を促進しているかもしれないという事実が判明しました。
脳内の5-HT神経は、自律神経を調整したり痛みの制御、様々な覚醒などを操作しており、鬱病の患者では動きが鈍くなってることが分かっている。
H17年以後新たにトクホ(特保)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の日本語の記載が義務となっている。
BMI(体重指数を計算する式はどこの国でも共通ですが、数値の評価水準は各国それぞれ違いがあって、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準体重、25以上は肥満、18.5未満を低体重と決めています。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無効になった後に購入できて、新薬と同じ成分で負担分が小さい(薬の価格の高くない)後発医薬品そのものです。
コンサートやライブなどの場内や踊るためのフロアなどに設置されているすごく大きなスピーカーのすぐ近くで大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷」と呼んでいます。
肥満(obesity)の状態というのは当然栄養バランスや食生活の質、運動不足などが誘因ですが、ボリュームの変わらない食事だったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」をすることによって体重過多に陥っている肥満を招く可能性が高まります。
お薬やアルコール、合成保存料を始めとした食品への添加物等を酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と呼び、肝臓の大切な職務のひとつであることは間違いありません。
「あまりにも多忙だ」「面倒な人との付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆる技術や情報のめざましい高度化になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積されてしまう因子は十人十色です。
吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺をつなぐ気道(呼吸器の一つ)から出血することで、吐血は十二指腸より上にある消化管から血が出る状態を示しています。
自転車の転倒事故や屋根からの転落など、著しく強い圧力が体にかかった場合は、複数個所に骨折が発生したり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷い場合は臓器が破損してしまうこともあります。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならヒトの身体を癌から守る役目を担う物質を産出するための鋳型のような遺伝子の不具合が原因で罹患してしまうというのは周知の事実です。
ポリフェノール最大の作用はL-アスコルビン酸や脂溶性のビタミンEなどとは違い、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を発揮するのです。

Comments are closed.

Post Navigation