しかしながら、震災や復興を巡るやり取り、連日報道される韓流で忘れてしまったかもしれませんが前原氏は韓国人の焼肉屋から献金を貰っていました。

国会議員が外国人から献金を貰う事は法律で禁止されています。

当たり前です。

前原氏は献金が発覚するなり責任をとり外務大臣の職を辞しました。

野党から叩かれると思いきや、菅総理が韓国人のパチンコ屋から献金を貰っていた事が発覚し、野党の攻撃は菅総理にシフトしました。

自民党の西田議員を筆頭に菅総理の問責をしよう、その質疑中に大震災が来てウヤムヤになったわけです。

震災の復興を目的に和解ムードも多少ありましたし、原発の今後を巡る議論もありました。

しかしながら、菅内閣の復興対応、菅総理が献金を貰うどころか北朝鮮に繋がる団体に寄附をしていた事から再び野党から「辞めろ」という声が上がりました。

復興対応はともかく、現在菅総理と外国人勢力の金銭トラブルが取り沙汰されているのに、後任も同じ問題を孕んだ人間でいいのか?

それを考えると前原総理という選択肢は問題があります。

Comments are closed.

Post Navigation