最近だったら800 万円の熊手を買ったとか言ってしまった渡辺前みんなの党代表なんかも、
初めの一手で訳解らない事を口に出すからマスコミは興味を引くし、

そして受け手側が 腹立たしく思い、本人の預かり知らぬところで事実の裏付けがされて、最終的には醜い姿をさらして辞任する事になるんですよ。  
野々村県議のしたとされるこの悪質な政務活動費用の私的流用は絶対に許されません。
それは間違いないでしょう。ですが、最初の会見でマスコミに 上から目線の偉そうな事を言い放ち、挙げ句の果てにはあの始末ですからね。初めから下手に出て、徹底的に申し訳ないという雰囲気で会見していれば、辞任は 回避出来なかったでしょうがこのような凄惨たる結果にはならなかったでしょうね。  
で、この問題は野々村県議の辞職で幕引きになりそうですが、そうはならなさそうですね。
本人はもう何も説明しないで逃げ出そうとしているので しょうが、兵庫県議会が野々村県議を刑事告発しました。舞台は議会での押し問答から裁判所の裁判に変わります。

Comments are closed.

Post Navigation