これが課題ですね。心中では、「私は、中堅どころの私大に行って、派遣で働いて、合コンで知りあったどっかの平凡な男と結婚して、八千代台のマンションに住んで…」と思っている人が多いです。

大学はどこでも、そこから、一生のテーマ(高級な趣味でも、市民運動でも何でも)がみつかる糸口が見つかるものですが。そのお手伝いをする本文解説をしたいです。
相変わらず、ニッチな論文が多いなぁ。
…だから、 非常勤が恵まれないと書くのは、些かの躊躇いがあります。 根本的な解決策は、背を伸ばすサプリBIです。 今は、若い世代が、十年掛けて何かを研究することが、難しくなってます。 理研騒動について、業績主義の弊害云々という人がいます。 文系にも当てはまります。。
セコく引用頻度を稼ごうとするような人だけではなく、雄大な構想を持っている人もいるでしょう。 そういう人が生きにくいシステムは、すなわち、人材の無駄遣いのシステムです。 …かつて私は、大相撲のような、業績第一主義臭が嫌でした。

Comments are closed.

Post Navigation